メイクの短所:お肌への影響。
毎日煩わしくて仕方がない。
メイクアイテムの費用がやたらとかさむ。
皮ふが荒れる。
化粧直しや化粧をする時間が勿体ないと感じる。
正常なお肌のターンオーバーは28日周期になっており、日々新しい細胞が生まれ、いつも剥がれ落ちています。

この「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮ふは若々しさを保持し続けています。

メイクの欠点:メイク直ししなければいけない。
すっぴんに戻った時のガッカリ感。
化粧品の出費がかさむ。
化粧無しでは出かけられない強迫観念のような呪縛。
リハビリメイクという造語には、肉体的に損傷を被ってしまった人のリハビリテーションと同じように、顔や身体の外見に損傷を被ってしまった人が社会に新たな一歩を踏み出すために習うノウハウという意味が含まれています。

日本皮膚科学会の診断の目安は、@強い痒み、A特殊な発疹とその場所、B慢性と反復性の経過、3項目全部合っている病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と診断する。
皮膚の美白ブームは、90年代前半からじわじわと女子高校生などに広まったガングロなど、異常に日焼けする独特なギャルファッションへの対抗とも取れる精神が込められている。
明治末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋服、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらを新しく表現する単語のひとつとして、美容がけわいという言葉に代わって使用されるようになったのだ。

肌がガサガサゴワゴワしていたり、赤く炎症を起こしている肌は、みんなの肌潤糖の評判が参考になります。


Categories